アナザースカイで三遊亭円楽師匠のハワイの別荘が初公開!息子、会一太郎は声優?気になる年収も紹介

9月25日23時~放送する「アナザースカイ」三遊亭円楽師匠がゲストで登場します。

笑点のメンバーとしてお馴染みの三遊亭円楽師匠ですが、

なんとハワイに別荘を持っているとのこと!!

どのくらいの年収があるのか気になるところです、、、

そして息子さんは声優を務めていて、その生活っぷりも気になりますね。

今回は三遊亭円楽師匠の気になる点を紹介していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

sponsored link


三遊亭円楽師匠のプロフィール

20131113134755f87引用:http://blog-imgs-62.fc2.com/

本名:會 泰通(あい やすみち)

生年月日:1950年2月8日

現年齢:65歳

出身地:東京都墨田区

血液型:A型

最終学歴:青山学院大学法学部卒業

職業:落語家

 笑点メンバーでお馴染みの三遊亭円楽さん。

2010年に初名でもあった三遊亭楽太郎から師匠の名跡でもある6代目「三遊亭圓楽」の名で活動しています。

落語家の世界に入ったのは大学在学中の頃だそうで

最初は5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトをしてスカウトされました。

笑点では紫の色紋付を着ていますので見覚えのある方も多いでしょう。

 三遊亭円楽師匠の年収がすごい!?

落語は江戸時代からある日本の伝統的な話芸の一つです。

落語家になるには希望の師匠に弟子入りするしか方法がなく、最初は見習いとして師匠の身の回りの世話から始まります。

落語家の主な収入源はお座敷と独演会です。

お座敷は落語家の格に応じて支払われ、数万から100万くらいと安定しているものではありません。

他に寄席というお役さんの数や演者の格で決まるものがありますが、キャリアが長い人でも一回の出演で数千円らしいです。

キャリアが長い人でこの給金なので見習いや前座の方はほとんどでないこともよくあるそうです。

それほど厳しい世界の落語家ではありますが、

有名な落語家になると一回のギャラが100万となるそうです。

そうなると三遊亭円楽さんの年収はおよそ5000万~6000万という噂があります。

つまり月収500万くらいは稼いでることになりますね!!

おそらくこのクラスの落語家はあまりいなく、桂歌丸さんだけかもしれません。

息子は声優?それとも落語家?

三遊亭円楽さんには声優で落語家の息子さんがいます。

名前は会 一太郎(あい いちたろう)さん。

 

02引用:http://pso2.jp/

落語家としては三遊亭一太郎(さんゆうてい いちたろう)という高座名だそうです。

声優としては青二プロダクションに所属しているようで

『ドラゴンボール改』や『ちびまる子ちゃん』のキャラの声を担当したことがあるとのこと。

過去に放送した「有吉反省会」では円楽さんの親バカっぷりが明らかになり、息子さんに金銭面で援助をしていることがわかりました。

どうやら会 一太郎さんの月収は16万円ほどなのですが、高級スポーツカーを乗り回したり、高級すき焼きを食べたりと生活に不便がないようです。

他にもハワイに40回くらいは行っているくらいの豪遊っぷりです。

さすがに甘やかしすぎではないかと思うのですが父親の円楽さんはその自覚はあまりないようです。

声優のお仕事はどちらかというと脇役を担当することが多いので、仕事というより趣味感覚でやってるのかなと、、、

一応、月16万円の収入があるので頑張れば自立できると思うのですが、当の本人はそのつもりがないようです。

現在、25歳くらいなのでそろそろ親元を離れてもいいのかなと思うのですが(;´・ω・)

 ハワイに別荘!?

今回、番組内では三遊亭円楽さんの別荘が公開されることで注目です。

どうやらハワイの別荘は28年前に衝動買いで購入したとのこと。

衝動買いで別荘を購入って、、、、

凄すぎます(;´・ω・)

他にも円楽さんの師匠との落語人生も語るようです。

番組の詳細が気になる方は9月25日23時~放送する「アナザースカイ」をご覧になってください。

コメントを残す