アナザースカイにデザイナーの佐藤オオキが登場!デザインの原点ミラノへ。ライフスタイルや作品も紹介

11月6日23時~放送する「アナザースカイ」にデザイナーの佐藤オオキさんが登場します。

佐藤オオキさんはデザインオフィス 「nendo(ネンド)」の代表を務め、世界的に活躍されているデザイナーです。

そんな佐藤オオキさんが向かうはデザインの原点であるミラノ。

番組内では佐藤オオキさんの私生活や発想術が明らかになるそうです。

そこで今回はプロフィールからライフスタイル、作品などいろいろと紹介していきます。

では、見ていきましょう。

sponsored link


佐藤オオキさんのプロフィール

nendo_OkiSato_portrait1412_low1

引用:http://www.nendo.jp/jp/biography/

名前:佐藤オオキ(さとう おおき)

生年月日:1977年12月24日 

学歴:早稲田大学理工学部建築学科 首席卒業

早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻 修了

 

2002年に大学院修了と同時期にデザインオフィス「nendo(ネンド)」を設立。

プロダクトデザイン、インテリアデザイン、建築、グラフィックデザイン、企業ブランディングと幅広く手掛けています。

そして、グッドデザイン賞、日本商環境設計家協会 (JCD) 賞 金賞、日本インテリアデザイナー協会 (JID) 賞 大賞など数々の受賞歴があるほか、

Newsweek誌では「世界が尊敬する日本人100人」「世界が注目する中小企業100社」に選出されたという輝かしい経歴のある方です。

どうやら父親の仕事の関係があって生まれはカナダのトロントとのこと。

日本に帰国後は大学在学中にイタリア・ミラノで開かれていたデザインの祭典「ミラノサローネ」に圧倒され、

自分でデザイン事務所を始めましたそうですよ。

デザインオフィス「nendo(ネンド)」では300ものプロジェクトを同時にこなすという素晴らしい経営能力があるようですね!!

大学時代は会社2つ経営していた?

どうやら佐藤オオキさんは大学時代に会社を2つ経営していたそうで、

帰国子女で英語を話せることを活かし、大学1年時に小さな商社でアルバイトしていたそうですが、突然の倒産に、、、

そのことがきっかけになり、中国の外務省に日本の製品を輸出する会社の業務を引き継ぎ、会社を設立したそうです。

年間数千万円を売り上げるようになったものの、大学の建築を学ぶために会社を畳んだようです。

しかし、大学院在学中に新規事業を立ち上げたばかりの通信会社からアルバイトの紹介を頼まれ、

いつの間にか400人もの学生アルバイトを登録する人材派遣をするようになっていたようです。

そこでも面接やシフト管理で毎月1千万円の売り上げがあったそうです、、、

やはり経営の能力がヤバすぎますね(;´・ω・)

ちなみに大学院には7日間しか行かなかったとのこと(笑)

では、次に佐藤オオキさんのライフスタイルを紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す