行列にenra(エンラ)が登場!花房伸行率いるメンバーや東京五輪招致のパフォーマンス動画は?

11月29日21時~放送する「行列のできる法律相談所」は、世界でも誇れる『その道の神』スペシャル!!

今回、ゲストで登場するのはパフォーマンス集団・enra(エンラ)。

映像とアクションを巧みにシンクロさせた驚きのパフォーマンスを披露しており、

IOC委員を日本に招いた晩餐会では、東京五輪を引き寄せたというエンターテイメント集団でもあります。

番組内では、特別に新作を披露してくださるということで、どんなCG映像とパフォーマンスの組み合わせなのか気になるところです。

そこで今回は、enraのメンバーの紹介や東京オリンピックの招致活動での様子などいろいろと紹介していきます。

では、見ていきましょう。

sponsored link


 パフォーマンス集団・enraとは?

東京オリンピックの招致活動でパフォーマンスを披露したenra

どうやら、映像とパフォーマンスを融合させ、演出家の花房伸行さんが設立したパフォーマンス集団のようです。

魅力的なのは、スクリーン映像とハイレベルなダンス、アクションをシンクロさせる自由な演出をしているところですね!!

メンバーは、武術、新体操、バレエ、ジャグリングなどなど、、、

表現に優れ、個性的で多彩なパフォーマーの6名で構成されています。

enraは映画や演劇では味わえないような魅力的なパフォーマンスを披露しています。

 enraのメンバーは?

enraは、個性的で様々な経歴を持つパフォーマー6名で構成されています。

加世田剛(かせだ つよし)

23歳の時に単身でアメリカに渡り、15年間ニューヨークの舞台で活動。

HIP HOPやStreet系ダンスをBRIAN GREENから学び、NYチャイナタウンにて中国武術を習得。

2002年に設立したダンス格闘技ユニット・Spinnin Roninは

La MaMaやJoyce Theater SoHo、Japan Societyなどの数々の有名劇場で公演を果たしました。

 横山真希(よこやま まき)

8才の頃から新体操に没頭し、高校卒業後に上京し、舞台芸術学院ミュージカル部本科に入学。

バレエ、ジャズ、モダン、タップ、コンテンポラリーなどの様々なダンスを学んだのち、

enraのパフォーマーで武術家の加世田剛さんと出会い、中国武術を始めました。

現在は、Spnnin Ronin Japanの舞台やライブを中心に活動しているとのこと。

 和多谷沙耶(わたたに さや)

3歳からクラシックバレエをはじめ、高校は演劇科のある公立校に進学。

バレエ以外に演劇、日本舞踊、狂言、ダンス、声楽など舞台芸術を学び、大学時代はミュージカルの舞台にも立っています。

2010年には、Miss Universe Japanファイナリストにも選ばれています。

 汰椿(たちゅん)

「アイソレーション」という技術に重点を置いた、独学によるスタイルのダンスパフォーマー。

ポップダンスやパントマイムからストリート系のヒップホップ、ブレイクダンスのほか

ジャズやコンテンポラリーの要素も取り入れる鬼才なプロパフォーマー。

望月ゆうさく(もちづき ゆうさく)

ジャグリングアーティスト、大道芸師、大道芸研究者。

2001年よりジャグリングパフォーマーの活動を開始し、九州大学に在学中、映像工学を学ぶ傍らでジャグリングやタップダンス、パントマイムなどを習得。

ジャグリング世界大会一般個人部門においては世界総合3位に入賞しました。

石出一敬(いしで かずのり)

ハウス、HIPHOPをはじめとしたクラブダンスを得意とし、

タップダンス、サルサ、カポエィラなどの幅広いジャンルでダイナミックなダンサーとして活躍中。

JAZZTRONIK、May Jなどのアーティストダンサー、紅白歌合戦、「世界一のSHOWタイム」などのメディア出演もしました。

 

なかなか面白い経歴のあるメンバーですね!!

それぞれ違った特徴を持っていて個性ある方々だと思います。

では、次に東京五輪の招致を決定づけたパフォーマンスを紹介していきたいと思います。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す