(イッテQ)アメリカのオーガンクィット祭りが面白そう!ウェイターレース、ハイヒールレースのルールは?

11月15日19時56分~放送する「世界の果てまでイッテQ」では、オーガンクィット祭りに宮川大輔さんが挑戦します。

毎度、お馴染みで視聴者を楽しませてくれるお祭り企画!!

今回はアメリカのオーガンクィット祭で行われている名物「ウェイターレース、ハイヒールレース」に参加されるようです。

どんなレースなのか気になるかと思います。

そこで、今回はウェイターレースとハイヒールレースのルールや見どころを紹介していきます。

では、見ていきましょう。

sponsored link


ウェイターレースとは?

DSC7978_l引用:http://waitersracejapan.com/#cont03

「ウェイターレース」とは一体、どんなレースなのか、、、

どうやら、その名の通りウェイトレスの格好をしてレースをするみたいです。

ただ、服装だけ変えればいいというわけではなく、

お盆にグラス乗せて、いかに速く走れるかを競うというタイムトライアルレースとなっています。

もちろん、途中でグラスを落とすと失格、、、

バランス力がいかにあるのかを競い合う勝負でもあります。

おそらく150mの距離を往復しなければならないので300mの勝負となります。

腕前のあるウェイターの方でも走りながらとなると、おそらく苦戦するのではないでしょうか?

 ウェイターレースは日本でも行われている?

ウェイターレースはあまり聞きなれないものだと思うのですが、実は日本でも行われている競技なんですね!!

実は、今月の11月23日に「WaitersRaceJapan 2015」が行われるみたいで、男子個人、女子個人、団体戦ときちんと分かれているみたいです。

しかし、参加条件があるようでウェイターを務めている方や料理関係の学校に通っている学生に限るそうです。

共通ルールもしっかりあり、直径30センチのトレイにボトル1本、グラス3つを乗せて、片手だけでトレイを持たなければなりません。

もし、ボトルを落としてしまったとしても割れなければOKだそうです。

グラス内の水をこぼしても大丈夫だそうです。

300mの距離をいかに早く、ゴールにボトルとグラスを届けるのかを競うレースのようですね。

詳しく「WaitersRaceJapan」に関して知りたい方はこちらをご覧になってみてください。

ウエイターズレースジャパン

では、次にハイヒールレースに関して紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す