マツコ会議で蒙古タンメン中本が紹介!中本マニアがハマる激辛ラーメンやメニュー、店舗は?

1月9日23時~放送する「マツコ会議」では、激辛ラーメンで人気の「蒙古タンメン中本」が紹介されるようですね!!

今回、番組では「人はなぜ辛いものにハマるのか」をテーマに、「蒙古タンメン中本」と中継。

中継ではなんと週5で中本に通っているという「中本マニア」の方が続々と登場するようです(笑)

どうして、「中毒者」が続出するほど中本にハマってしまうのか、、、

マツコさんも実際に激辛体験をし、その理由を番組内で解き明かすそうです!!

そこで今回は、「蒙古タンメン中本」に関していろいろと紹介していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

sponsored link


 「蒙古タンメン中本」とは?

666668

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

「蒙古タンメン中本」(もうこタンメンなかもと)とは、東京都板橋区に本店を構えているラーメンチェーン店です。

元々は、「中国料理中本」として1968年9月に板橋区でオープン。

創業者の中本正さんは、創業当初からとにかく辛い料理を追求し、

他店にはないようなメニューを作り上げました!!

それがこちらの看板メニュー「蒙古タンメン」

中本_蒙古タンメン引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 特徴は、何といっても一味唐辛子を大量に加えた激辛スープと太麺!!

「蒙古タンメン」という名前も今までないようなメニュー名で珍しいですよね!!

今ではグルメ雑誌を中心とした各種雑誌で「都内の人気ラーメン店」のひとつに数えられるほど、大人気だそうです。

「蒙古タンメン中本」が気になる方は、こちらの公式ホームページをご覧ください。

「蒙古タンメン中本」

二代目店主・白根誠さんとは?

現在、「蒙古タンメン中本」の二代目店主を務めているのは

こちらの白根誠さんという方ですね!!

無題67585648564552元々、「蒙古タンメン中本」は、「中国料理中本」という名前でした。

というのも実は、

1998年に創業者・中本さんの健康上の理由で一旦、閉店していたみたいです、、、

しかし、そんなピンチな時に現れたのが現二代目の白根誠さんでした。

白根誠さんは元々、「中国料理中本」の常連客で中本さんの味に惚れ込んでいたみたいです!!

通い続けた期間は、なんと20年間!!

そんな中本さんの味をこよなく愛していた白根誠さんは、「中国料理中本」を継ぐことを決意。

その後、中本さんの元で修業し、ついに2000年に「蒙古タンメン中本」として再開しました。

現在は、白根さんの経営する「株式会社誠フードサービス」を中心に各店舗を運営しているみたいですね!!

では、次に「蒙古タンメン中本」の辛さに関して紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

関連記事

3件のコメント

  • 佐久間

    すみません。
    高校時代、前代と町で会うと挨拶され、高校の文化祭では中本の前代の役をやらされたほどの私ですが、番組を見ていて、正直がっかりです。
    中本の前代の親父さんが、中国出身でヒットを狙っていたのではなく、其の地元で受け入れられることを願ってました。
    なので、地元の四川の味と、当時、その場所で受けていた東池袋の味を合わせた北極(店内では担々麺)などを作っていました。

    まあ、当時、辛ブームではなかったので時代は過ぎましたが、明らかに辛ブームを往来を感じていた私です。

    • aki

      佐久間さん、コメントありがとうございました。

      前代の中本さんの頃からご存知ということで、いろいろと詳しいのですね!!

      とても貴重な話をしていただき、ありがとうございました。

      確かに現在の「蒙古タンメン中本」は、2代目の白根誠さんが受け継いでいるということで、「地元で愛される味」というよりは「広く知れ渡るような味」にしようと方針を変えたのかもしれませんね、、、

      というのも今では各地でチェーン店があるので、「ヒットするような味にしよう」という風になっていたのかと思います。

  • 中本愛

    どうでも良いが、文中で中本→仲本と誤記している。
    しっかり確認して頂きたい。
    あまりにも失礼である。

コメントを残す