現代版トキワ荘・甲斐谷荘ってどんなところ?マツコ会議で千葉・野田の漫画家シェアハウスが紹介

12月26日23時30分~放送する「マツコ会議」では、漫画家を目指す若者たちが集うというシェアハウスが紹介されます。

どうやら現代版トキワ荘ということで

漫画家を目指している方たちが入居しているそうなので、普通のシェアハウスとはちょっと違うようですね!!

一体、普段はどんな生活をしているのか気になるところですね!!

そこで今回は、現代版シェアハウス・甲斐谷荘に関していろいろと紹介していきます。

では、見ていきましょう。

sponsored link


トキワ荘プロジェクトとは?

今回番組内で紹介される「現代版トキワ荘」ですが、

そもそもトキワ荘って何?と思う方もいるかと思います。

トキワ荘とは、手塚治虫さん、藤子不二雄さん、赤塚不二夫さんなどなど、、、

有名漫画家の方々が住んでいた木造アパートで知られているかと思います。

「トキワ荘プロジェクト」は若手の漫画家に特化している支援団体だそうで、

プロの漫画家を排出するために若手漫画家の方たちに低家賃のシェアハウスを提供しています。

他にも、マンガ制作やプロに必要な技術を学べる講習会を行っていたり、

定期的に漫画家向けのイベントを開催しているそうです!!

つまり、漫画家を目指したいという方には充実した環境が備わっているようですね!!

トキワ荘プロジェクトの詳細が気になる方はこちらをご覧ください。

トキワ荘プロジェクト

甲斐谷荘とは?

無題516

引用:http://tokiwa-so.net/special/kaitani/

今回の「マツコ会議」では、千葉県の野田にある「甲斐谷荘」が紹介されるようですね!!

甲斐谷荘は、『ソムリエ』、『ONE OUTS』、『LIAR GAME』など

数々のヒット作を制作した実力漫画家・甲斐谷忍先生とトキワ荘プロジェクトがコラボしたシェアハウスだそうで、

2014の4月にオープンしました。

さらに、ここでは定期的に甲斐谷忍先生が直々に作品へのアドバイスをもらえるそうなので、

かなり人気のあるシェアハウスだと思います。

では、次に甲斐谷荘の入居条件などに関して紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す