踊るさんま御殿に宮澤ミシェルが初登場!娘は元乃木坂でハーフの宮沢セイラ?収録でハグ連発!?

1月19日19時56分~放送する「踊るさんま御殿」は、気になる親子が大集合スペシャル!!

今回、番組に初登場した宮澤ミシェルさん

宮澤ミシェルさんはサッカー解説者でもあり、娘は元乃木坂46の宮沢セイラさんだそうです。

そんな宮沢セイラさん親子が今回、出演するわけですが、

まさかのお父さん好きが発揮!!

収録中にも関わらず、ハグ連発するとのこと(笑)

その親子仲に思わずさんまさんも嫉妬するようです(笑)

そこで今回は、宮澤ミシェルさん親子に関していろいろと紹介していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

sponsored link


宮澤ミシェルさんのプロフィール

MM-M99-0467

引用:http://news.goo.ne.jp/

名前:宮澤ミシェル(みやざわ ミシェル)

生年月日:1963年7月14日

現年齢:52歳

出身地:千葉県

国士舘大学卒業

職業:元サッカー選手、サッカー解説者・指導者

 元サッカー選手で現在は解説者でもある宮澤ミシェルさん。

現役時代は、ディフェンダーのポジションを担当しており、

1986年にフジタ工業サッカー部(現:湘南ベルマーレ)に所属していました。

そして、1988年に天皇杯の準優勝を経験。

その後、1992年に東日本JR古河SC(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)に移籍。

ファルカン監督時代には日本代表に選出されましたが、その直後に負傷し代表を辞退、、、

そのため、代表での出場経験は無いとのこと。

そして、1995年にJリーグ現役引退を決め、

現在はサッカー解説者兼コメンテーターとして活動し、ユース世代のサッカー教室にて指導を行っていそうです。

 宮澤ミシェルさんの父はアコーディオン奏者?

どうやら宮澤ミシェルさんの父は、フランス人のアコーディオン奏者だったそうで、

演奏旅行で来日した際、日本人女性(宮澤ミシェルさんの母)と知り合って結婚なされたそうです。

宮澤ミシェルさんによれば、父は永住していたのにも関わらず日本に馴染む気はさらさら無く、

「おはよう」「こんにちは」しか覚えず、味噌汁1杯も飲まなかったんだそうです。

逆に宮澤ミシェルさん自身は、日本生まれの日本育ち。

フランスには試合でしか行った事がなく、フランス語はわからないそうです。

しかしその当時の日本は、父系血統主義のため、息子である宮澤ミシェルさんはフランス国籍だったとのこと、、、

そのため、高校時代は国体史上初の外国籍選手として出場し、

Jリーグに入団後も当時の本名・ミシェル・ジュンジ・レジャンで、登録名がミッシェルでした。

しかし、1993年にようやく日本国籍を取得し、名前を「宮澤ミシェル」に改めたんだそうです。

なので勘違いしてしまうかもしれませんが、宮澤ミシェルさんはフランス生まれではなく日本人の方ですね!!

では、次に娘の宮沢セイラさんに関して紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す