踊るさんま御殿に登場した女子格闘家・RENA(レーナ)が可愛すぎる!シュートボクサーになったきっかけは?

シュートボクシングを始めたきっかけは?

シュートボクサーでは「絶対女王」と呼ばれるほどの強さを誇るRENAさんですが、

どうしてシュートボクシングを始めようと思ったのか、

きっかけが気になるところです。

実は、4姉妹の末っ子として生まれたRENAさんは、

小学生になる頃には、年の離れた姉たちが結婚して家を出ていき、

両親も仕事で不在がちな環境だったことから、

小学校5年生のころまで引きこもりだったみたいです、、、

しかし、小学6年生になると

SB日本スーパーフェザー級王者である及川知浩さん主宰の及川道場に入門し、

16歳でプロデビュー戦を果たしたそうです。

プロデビュー戦は惜しくも負けてしまったそうですが、

今までの戦績を見てみると、37戦中31勝ですからね!!

今まで苦労してきたからこそ、「絶対女王」と呼ばれるほどの強さを身に着けたのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「踊るさんま御殿」にシュートボクシングのRENAさんが初登場するということで、

いろいろと紹介していきました。

番組内では、

「背後から襲われた時、RENAさんがとる仰天行動」が明らかになるようで

可愛らしい見た目からは想像もつかない回答をするみたいです(笑)

番組の詳細が気になる方は、3月8日19時56分~放送する「踊るさんま御殿」をご覧になってみてください。

PAGE 1 PAGE 2

1件のコメント

  • 強くてかわいいというギャップが良いですね!

コメントを残す