アウトデラックスに漫画家・清野とおるが登場!東京の北区赤羽で大人気?マスクの理由や素顔、彼女は?

12月3日23時~放送する「アウト×デラックス」に漫画家の清野とおるさんが登場します。

あまり清野とおるさんに関してご存知の方は少ないかと思いますが、

どうやら漫画家として活躍されている方だそうです。

番組内では、マスク姿で登場するわけですが、本人の意志により素顔は公開しないとのこと。

どうしてマスクをしているのかその真相も気になるところです、、、

そこで今回は清野とおるさんに関していろいろと紹介していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

sponsored link


 清野とおるさんのプロフィール

picture_pc_a7beb945989150217ff06959e3f4234404592d42

引用:https://cakes.mu/posts/8146

名前:清野とおる(せいの とおる)

生年月日:1980年3月24日

現年齢:35歳

出身地:東京都板橋区志村

職業:漫画家エッセイスト

個性派の漫画家として活躍している清野とおるさん。

苗字に関してですが、「きよの」ではなく「せいの」と読むそうですよ。

清野とおるさんが漫画家デビューした時期は、1998年頃で、

その当時は成立高等学校に通う高校生だったらしいです!!

高校生ながらで漫画家デビューしたことが、清野とおるさんの凄いところであります。

さらに、携帯サイト『ケータイまんが王国』にて連載された『東京都北区赤羽』では、

多くのメディアに注目をあび、地元の方にも大人気だそうです!!

 マンガ『東京都北区赤羽』とは?

携帯サイト『ケータイまんが王国』にて連載された清野とおるさんの『東京都北区赤羽』。

2014年からは続編となるウヒョッ! 東京都北区赤羽が『漫画アクション』にて連載されています。

さらに、2015年の1月からはドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』として映像化されるほど話題沸騰の作品なようです。

一体どのような内容なのか気になるので、大まかに概要を紹介していきます。

まず主人公がどんな人物かというと、主人公は清野とおるさん本人なんです(笑)

話の内容は、

ギャグ漫画家の清野とおるさんがスランプに陥り、板橋区にある実家から引っ越した赤羽を舞台に

「赤羽」で出会った人たちや体験した出来事、珍名所を紹介するエッセイ漫画

となっています。

ちなみにこの漫画の内容はノンフィクションなようで、作中に載っているものはすべて実話みたいなんです!!

実在の人物や出来事をモチーフにした作品なので、地元の方から大人気なのも納得できますね!!

では、次に清野とおるさんのマスク姿の真相を紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す