ザ!世界仰天ニュースに出た脱獄王スティーブン・ラッセルがすごすぎる!!命を懸けた脱獄劇の理由に感動(画像)

8月12日に放送する「ザ!世界仰天ニュース」にアメリカを騒然させた脱獄王が紹介されます。

男の名はスティーブン・ラッセルというIQ169を持つ一人の男性、、、

彼の天才的な脱獄劇は「アメリカ犯罪史上最強」と呼ばれていた!?

その脱獄劇がすごすぎるので紹介していきます。

sponsored link


 アメリカ史上最強、IQ169の天才脱獄王スティーブン・ラッセル(世界の仰天ニュース)

 

ラッセル

引用:http://www.cinematoday.jp/

1978年、米・ノースカロライナ州にアメリカ史上最強の脱獄犯が誕生しました。

その男の名は『スティーブン・ラッセル』

スティーブンは保険金詐欺で逮捕され、服役期間はたった6ヶ月なのにあるとき脱獄を決意。

脱獄を決意した彼は、毎日警察の行動を観察、、、

そしてある方法を思い付き、実行に移しました。

その結果、1993年5月、スティーブンは堂々と刑務所から脱出。

看守の意表を突くほどの脱獄劇を果たしたそう、、、

(その脱獄方法は番組で紹介されるのでご安心してください。)

しかし、脱獄はうまくいったものの1週間であっけなく逮捕されてしまいます。

しばらく時は流れ仮出所したそうですが、今度は横領の容疑で逮捕、、、

また逮捕されすぐに脱獄を計画したスティーブンは大量の緑のペンを使った奇想天外な方法を思いつく、、、

合計4回ほど捕まり、脱獄を繰り返すスティーブンにはそこまでするある理由がありました。

命を懸けた脱獄劇を繰り返した理由とは?(世界の仰天ニュース)

元々、スティーブンは誕生後すぐに養子として養父母の元で育ちました。

実の母親はシングルマザーになることを拒否し、彼を食品製造会社の夫婦のところに養子に出したとのこと。

その後、彼は町の治安を守る警察官になりました。

警察官になった理由は、

「自分を養子に出した実の母親を見つけ出すためだった」だそうです。

ようやく母親と再会したスティーブンが見たのは実の父親と再婚し、しかも彼の兄弟でもある子どもが3人持つ母親の姿でした。

それを見た彼は警察官をやめ、その当時利用していたアメリカの犯罪データベースで詐欺師になってしまいます。

なんでも母親を探す過程でデータベースを利用していたそうです。

彼の脱獄劇にこんな理由が隠されていたなんて知りませんでした。

なんだかかわいそうな気がします、、、

実際に、この脱獄劇は映画にもなっていて『フィリップ、きみを愛してる!』というタイトルだそうです。

映画では自由本譜な性格で刑務所で出会ったフィリップ・モリスとの恋愛が描かれていますが、実は原点は母親だったそうです。

さすがに映画だと悲しいストーリーになってしまうのかシナリオを少し変えているみたいですね。

気になった方は8月12日に放送する「ザ!世界仰天ニュース」をご覧になってください。

コメントを残す