しくじり先生に木根尚登が登場!30年間もエアギターの理由は?サポートギタリストは誰?

 本当にギターを弾いていたのは誰?

30年間、ギターが弾けないのに弾けるフリをしていた木根尚登さん。

では、誰が木根尚登さんの代わりにギターを弾いていたのか気になりますよね。

どうやらエレキギターの演奏はカッティングが主体だったみたいで、

レコーディングの収録やライブのギターソロ、目立つパートなどは

B’zの松本孝弘さんやギタリストの葛城哲哉に任せていたそうです(笑)

B’zの松本孝弘さんは、TMのレコーディングに参加したほか、

ツアーのオファーも受けていたそうで、実力はもちろん折り紙付き!!

まさに、木根尚登さんの影武者的存在なんですね(笑)

 しくじり先生に木根尚登さんが出演

さて、今回の「しくじり先生」では「TM NETWORK」の木根尚登さんが

『ギターが弾けないのに弾けてるフリをしちゃった先生』として登場します。

番組内では、「エアギタリスト」になってしまった衝撃的な経緯が語られ、

安易に嘘をついてしまった苦悩も語られるみたいです(笑)

一体、軽い気持ちで嘘をついたことが、どんな「しくじり」につながってしまったのか楽しみですね!!

番組の詳細が気になる方は、1月11日19時~放送する「しくじり先生」をご覧になってみてください。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す