情熱大陸に登場した上坂克彦の経歴をwiki風に紹介!神の手はない?肝胆すい外科医の口癖は「ギリギリ」?

1月10日23時~放送する「情熱大陸」では、肝胆すい外科医の上坂克彦さんが紹介されます。

上坂克彦さんは、肝・胆・膵外科の名医でもあり

開業からまだ13年の「静岡がんセンター」を全国トップレベルの治療拠点にした腕の持ち主でもあります。

自覚症状の乏しさから「沈黙の臓器」とも言われ、未だに治療が困難とされている肝臓・胆道・すい臓がん、、、

そんな治療困難で難易度の高い「沈黙の臓器」に挑む上坂克彦さんの怒涛の日々

「情熱大陸」が密着!!

「治らないがん」を「治るがん」へと挑戦する上坂克彦さんを追うそうです。

そこで今回は、肝胆すい外科医の上坂克彦さんに関して経歴など、いろいろと紹介していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

sponsored link


上坂克彦さんのプロフィール

20130529152933401_f666f1ea4edd983a15857833e98ff88f

引用:http://iryou.chunichi.co.jp/

名前:上坂克彦(うえさか かつひこ)

生年月日:1958年生まれ

現年齢:57歳

出身地:愛知県

名古屋大医学部卒業

静岡がんセンター肝胆膵外科部長・院長

 経歴は?

現在、静岡がんセンター肝胆膵外科の部長、院長の上坂克彦さんは、

1982年に、名古屋大医学部を卒業されています。

卒業後は、名古屋大学医学部の第一外科助手になるも

翌年には米国・ハーバード大学に留学。

その後、国立がんセンター病院(東京)に勤務した後に

2002年オープンした「静岡県立静岡がんセンター」で肝・胆・膵外科部長に就任。

そして2011年には静岡県立静岡がんセンターの副院長に。

すい臓がんを切除した後に抗がん剤治療を行う「大規模な臨床試験」で代表の研究者も務め、

患者さんの2年生存率70%、5年生存率45%

という驚異的な数字に世界からも注目されました。

この研究の代表を務めた上坂克彦さんのもとには、欧米各地から講演依頼が相次いでいるそうです!!

では、次に上坂克彦さんの口癖に関して紹介していきます。

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す